貧血で起こりうる悲劇

20代のころ、2回ほど貧血で倒れ救急車で運ばれた経験があります。

Frau im Büro mit Burnout自分がそうなる前は、小学校などの朝礼で倒れ、保健室で横になる友人や、塾でいきなり倒れて家に帰らされたりする友人を見て、「いいな、サボれて…」なんて思ったり、か弱くて羨ましいなあ、なんて思ったこともありました。でも実際、自分の身に起きてみて、どんなに辛いものかがわかりました。

始まりは数回、家の中で起きました。軽度のもので気づくと家のリビングで倒れてる自分がいました。あれ?寝てた?って自問自答してみるものの、いやそんなはずはありません。膝に痣ができていたのです。そして起き上がれない。頭がいたい。何これ?って思いながらも病院に行くほどではないのでほっておきました。

それが、外で起きるようになると災難です。

不幸中の幸い、救急車で運ばれたのは2回とも周りに助けてくれる人がいたからです。偶然でしょうか、2回とも駅でした。誰に見られているかもわからない、スカートがめくれて倒れていたかもしれない、そんな羞恥心もありますが、何より、怖いのは1回は頭を強く打ちました。そしてもう1回は顎を強く打って5針縫う怪我をしました。

そんな怪我を負ってからは電車が怖くなり、特に地下鉄に乗ると息ができないような感覚に陥り、途中下車する日が幾日も続きました。たかが貧血ではありません。へたしたら本当に大惨事にだってなりかねないですし、他の病気まで引き起こす可能性があります。

私の場合、検査は幾つかしましたが、年月が経つにつれ貧血の数が減っていったことや個人的な事情もあって特に治療をしないで現在に至っています。

それでも、立ちくらみがするときはできるだけすぐに座り込み、頭がグルグル回るのが治まるのを待ち、できるだけ人の手を借りて立ち上がるようにしています。

すっぽんもろみ酢で痩せて見せます

ついスルーしてしまう、うなじ

うなじに生えているムダ毛は、ついつい後回しにしてしまう部分でもあります。髪型も、肩に付く位の長さなのでムダ毛が生えていても問題はないと思ってしまいます。

浴衣を着た女性の後姿小学生の頃には、母が時々うなじのムダ毛をカミソリで剃ってくれたことがあり、多分今よりずっと綺麗だったのではないかと思います。

大人になってからは、ほとんど放置したままで本当に気が向いた時に、電動カミソリで軽く剃る程度になりました。

美容院によっては、過去に剃ったくれた所もありましたが、最近通っている美容院では全くありません。

多分、私が勝手に感じていることですが、美容院でカットしてくれている美容師さんは、私のうなじを見てはムダ毛が全然処理されていないので、何と雑な女だと思われているのではと感じたりします。

うなじだけを、脱毛サロンで脱毛する人がいるのか分かりませんが、自分で処理するのはなかなか難しいので、1度脱毛サロンで綺麗にして来ようかと考えています。

永久脱毛は、医療行為です

1日で生える毛。もうどこも行けない・・

小さいころから全体的に腕や足の毛が太く濃かった私。

中学生の思春期に入るととりあえず眉毛を整えはじめました。次第に、腕・足と段々と自己処理の範囲を広げました。剃られている間は毛はないのですが、濃い毛に加えて生えるスピードも尋常じゃない!

Shocked woman昨日剃った毛が翌日の午前中にこんにちはすることは日常茶飯事。地道にカミソリで毛を剃る毎日でした。なにが嫌だったかって、手間よりも生えるスピードの速さから合宿やお泊りが憂鬱で仕方なかったことです。夜お風呂で毛を剃っても翌日の昼には1ミリ程度の毛が。

それはもう、全体的の話です。まわりの子は全然生えてこなかったり、毛が薄かったり、とてもうらやましかったです。

友達にも、もちろん彼氏にも恥ずかしいという思いがありました。

でも隠しきれないので最後は自分でネタにする始末。また、毎日毛を剃るのでカミソリの替え刃も結構な出費。あれ高いんですよね。

そんな私は社会人になってお金を貯めて脱毛に通い始めました。
まだまだ時間はかかりますが、生えるスピードが断然遅くなり天国です!

http://ヒゲ脱毛回数.xyz/

私の父はハゲています

私の父はハゲているので、父の頭のようにはなりたくありません。
父の頭を芸能人に例えると、お笑い芸人トレンディエンジェルの斎藤さんの頭にとても似ています。

Man worrying父は現在50歳ですが、20代のときに初めてパーマをかけて以来、パーマがとれかかってきたらまたかける…と続けてきたそうです。

また、父は仕事中にヘルメットを被ることがとても多いです。
40歳前半頃から徐々に、髪の毛が抜けていったそうです。
父は、「パーマをかけたことが原因でハゲてしまった」と、言っています。

本人自身も、ハゲていることをとても気にしています。
外出をするときは100%帽子を被ります。

私は、「なんで出かけるときは必ず帽子被るの?」と聞いたことがあります。

すると父は、「ハゲてるのを隠すために決まってるだろ!」と少々笑いながら答えていました。

私も、将来ハゲないようにするために、パーマは絶対かけないようにしようと思いました。 日々気をつけながら過ごしていきたいです。

マイナチュレ 抜けた

デリケートな部位を脱毛したい

自分でデリケートな部位は処理していますが、黒ずみが目立つようになり水着になるのも恥ずかしいな~と感じるようになったので困っていました。

Intimfrisur , schnittwunden in der Bikinizone mit  Wundpflaster versorgt今までは特に感じなかったんですが、自分で毛抜きで処理していると次第に黒ずみが濃くなってきたように思えたので脱毛サロンへ通った方が良いかなと考えるようになりました。

今までは自分でムダ毛処理してしっかり保湿すれば大丈夫だろうと思っていましたが、それだけでは十分な保湿はできていないことがわかり特にデリケートな部位は色素沈着しやすい部分なので刺激はあまりしない方が良いともわかり、脱毛サロンで施術してもらおうかと検討しています。

最初は恥ずかしいと感じるかもしれないけど次第になれてくるようなので期待したいです。

自分で処理するには難しい部位なのでストレスを感じることもありましたし、上手に処理できないとヒリヒリとして痛くなることもあったので肌トラブルが起きないように対処したいです。

エタラビ 口コミ

妻と喧嘩と別れ話。続かないといいな

妻とぼんやりと、別れ話がでた。どうしてこうなったかは俺も分からない。分かりたくもない。
妻がどっかの男と食事をしていることは知っていた。近所のよくいる噂好きなお隣さんから聞いた。
本人は何もないというけれど、何もなかったら今日の話しはでないだろう。
社会人3年目になってルーチンワークをこなす日々に自分だってわだかまりを抱えている。
このまま会社に残って上を目指すも、他所行って自分のスキルアップを目指すも俺の自由。
正直、理由も特になく厄介ごとを起こさないでほしい。別に食事ぐらいならいいけど、何も突然すぎやしないか。
でも、こうやって食事を許して、贈り物を許して、心まで譲ったら、自分の元には何が残るんだろう。
自分の何がいけなかったんだろう。大したことはできないけど、記念日は欠かさず妻の許にいた。それなりに食事中の会話もしてた。
こんなよくある昼ドラみたいに日常生活が歪むとは思いもしなかった。妻はいつから今の妻になったんだ?
俺は妻の顔を見ても彼女が誰だか答えることが出来そうにない。